薬剤師転職エージェント比較サイト【※大手10社を厳選比較!】

TOP >> 上手にエージェントを活用しよう >> 非公開求人の活用がポイント

非公開求人の活用がポイント

せっかく希望に充ちあふれ就職した会社であっても、働いているうちに条件や目的、内容が異なり、転職を考える時があります。職場環境を変えることで、気持ちも新たになり、薬剤師としての業務に打ち込めるようになることもあります。また、研究職や管理薬剤師のように、キャリアアップを求めて転職を考えることもあります。

薬剤師の仕事は、病院や製薬会社、倉庫会社、ドラッグストアとさまざまですが、資格を持っているからこそ務めることのできる、専門性の高い職場がほとんどです。薬剤師の人気は高いものの、求人数はさほど多くないのが現状です。ドラッグストアなど、職場に1人の薬剤師がいればよいところも多く、希望の職場を探すのは、難しいといえるでしょう。

転職をお考えの薬剤師の方にとって、希望の求人情報を探すのはとても大変なことです。しかも転職の場合、現職に勤めながらの就職活動になりますので、時間の調整もかなり困難になってきます。ハローワークや求人雑誌、サイトなどで紹介されている薬剤師の求人情報は、ごく一部の情報に過ぎません。研究職や管理薬剤師など、さらに専門性が高い職場の求人情報は、非公開でおこなわれる場合がほとんどになっています。それらの求人情報は、薬剤師を専門に扱う転職エージェントだけが持ち得るものであり、会員登録した求職者にしか紹介されていないものなのです。

薬剤師の転職を専門に扱うエージェントでは、調剤薬局などで働く薬剤師から、病院や製薬会社などで臨床実験や新薬の開発をおこなう研究職まで、幅広い求人情報を持っています。しかも、数多くの薬剤師に求人情報を紹介し、転職を成功させています。たくさんの求人情報の中から、求職者の希望に1番近いものを紹介してくれますので、活用しない手はありません。

大手のエージェントでも、得意不得意の分野はあります。地域によっても薬剤師の求人数は異なりますし、時期や職種によっても、違いがあります。複数のエージェントに登録することで、より幅広い膨大な情報の中から、自分の条件に合った会社を探すことができるようになりますので、就職先を見つけられる確率も高くなります。

採用会社にとっては、一般に求人情報を公開することで、応募をしてきた求職者を1から振り分け、書類のやり取りや面接日時の調整など、さまざまな事務手続きに時間を割かれることになります。人事や時間的なコストを削減する意味でも、専門のエージェントに1次選考を任せ、求職者を振り分けてもらっているのです。より条件の整った求人情報ほど、非公開で求人し、より良い人材を求めているのです。

>>薬剤師転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師転職エージェント比較サイト All Rights Reserved.